このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

沿革


 昭和20年、農村医療の向上のため、隔離病舎を移築し国保診療所を開設したのが発端となり、昭和27年、国保診療所の経営母体として、16ヶ町村(広島県世羅郡神田村、小国村、津名村、西大田村、東大田村、甲山町、三川村、東村、広定村、吉川村、津久志村、上山村、大見村、御調郡久井村、羽和泉村、宇津戸村)が統合して、世羅地区病院組合を結成し、昭和28年「世羅中央病院」が開設され、一般病床46床(うち結核12床)と伝染病棟25床が併設された。
 昭和30年一般病棟一部焼失、組織町村合併により、東大田村、西大田村、大見村が世羅町と改称、昭和31年、津久志村も世羅町に合併した。
 昭和36年、一般病棟焼失箇所を改築、一般病棟31床を増設して77床(うち結核12床)となった。
 昭和41年、診療棟本館を増築、双三郡三和町(上山村〕および甲奴郡甲奴町(広定村〕が組織組合より脱退して、組織町は、5ヶ町(世羅郡世羅町、甲山町、世羅西町、賀茂郡大和町、御調郡久井町)となり、組織組合の名称を「世羅中央病院組合」と改称した。
 昭和54年12月より病棟及び診療棟本館を増改築、一般病床22床増床し、99床(うち結核12床)伝染病棟25床となる。
 昭和57年伝染病棟を、昭和61年に結核病棟を廃止し、一般病床は110床となる。平成14年3月、診療棟本館を改築にともない、「公立世羅中央病院」と改名された。
 平成16年、17年の合併により、世羅郡3町が「世羅町」となり、久井町、大和町が「三原市」となり、構成団体は、世羅町・三原市の1町1市となった。
 平成19年4月、「公立世羅中央病院」の経営組織である、「世羅中央病院組合」は、地方公営企業法の全部を適用する事業所に組織変更をし、組織の名称を「世羅中央病院企業団」と改称した。
 平成22年4月1日三原市立くい市民病院を企業団に編入した。
 平成23年10月「公立くい病院」の病床を公立世羅中央病院へ移動した。

年 月 事 項
昭和26年8月 世羅地区病院組合設立認可
昭和28年2月 世羅中央病院として業務開始(46床)内科、外科、婦人科
昭和28年11月 隔離病舎を併設(25床)
昭和36年4月 一般病棟増築し、31床の造設(77床)
昭和36年4月 基準寝具の承認
昭和36年4月 公営企業法適用
昭和36年8月 基準給食の承認
昭和41年4月 診療棟本館増改築(鉄筋1,634㎡、木造1,699㎡)
昭和41年4月 救急病院指定(14床)
昭和42年4月 世羅地区病院組合の名称を世羅中央病院に改める
昭和45年4月 基準看護の承認(一般1類、結核3類)
昭和53年9月 基準看護1類を特1類に、患者病衣の承認
昭和54年1月 コンピューターシステム導入
昭和54年11月 小児科の新設
昭和56年4月 本館増改築により22床増床(一般87床、結核12床、伝染病25床)
昭和56年5月 歯科、口腔外科の新設
昭和56年7月 重傷者等の特別の療養環境基準承認
昭和56年12月 基準看護特2類承認
昭和57年4月 X線CT診断装置設備
昭和57年8月 伝染病床廃止、一般病床(結核を含む)99床
昭和59年1月 コンピューターシステム更新
昭和60年12月 バイオクリーン手術室新設
昭和61年8月 全身用X線CT診断装置導入
昭和61年11月 結核病床廃止、一般病床110床承認
昭和61年12月 合併処理施設設備
昭和62年4月 整形外科の新設
昭和62年12月 医師住宅5棟新築
昭和63年4月 X線TV装置更新
昭和63年4月 自動生化学分析装置設備更新
平成1年1月 コンピューターシステム更新、オーダリングシステム導入
平成1年10月 医師住宅3棟(2階建6世帯)新築
平成4年9月 特別管理給食加算の承認
平成5年4月 脳神経外科の新設
平成5年11月 全身用X線CT診断装置更新
平成6年10月 理学療法(Ⅱ)の承認
平成6年11月 新看護体系移行(2.5対1看護・15対1看補・看護A)
平成7年1月 生化学自動分析装置更新
平成8年2月 スプリンクラー設備新設
平成8年2月 カセッテレスX線テレビ装置更新
平成8年4月 夜間勤務等看護加算の承認(2F病棟Ⅰc)(3F病棟Ⅰa)
平成8年5月 院内感染防止対策の承認
平成8年11月 コンピューターシステム更新、オーダリングシステム導入
平成10年3月 広島県救急医療情報ネットワーク参加
平成10年5月 中山間地域医療情報通信技術活用モデル事業参加
平成10年8月 薬局内調剤支援システム導入
平成10年10月 特別管理給食加算(食堂)の届出
平成10年10月 新看護体系変更(2.5対1看護・10対1看補・看護A)
平成10年10月 世羅中央訪問看護ステーション「まごころ」開設
平成11年10月 世羅中央居宅介護支援事業所開設
平成12年1月 乳房用X線診断装置導入
平成12年3月 世羅中央病院増改築工事基本設計業務委託
平成12年3月 世羅中央病院増改築工事に伴う地質調査業務実施
平成12年4月 二次救急医療施設(病院郡輪番制病院)の承認
平成13年5月 生化学自動分析装置更新
平成14年3月 名称を公立世羅中央病院に改める
平成14年3月 公立世羅中央病院増改築工事竣工
平成14年3月 公立世羅中央病院増改築工事に伴う地域省エネルギー設備工事竣工
平成14年3月 病棟単位の変更 2棟⇒3棟
平成14年3月 特別の療養環境(差額病床)(特定療養環境の変更)
平成14年3月 MRI診断装置導入、X線一般撮影装置(CR)導入、X線TV装置(DR)導入
平成14年4月 作業療法(Ⅱ)の承認
平成14年4月 歯科保健センターの開設
平成14年8月 血管連続撮影装置(DSA)導入
平成14年10月 1日人間ドックの開設
平成16年4月 神経内科の新設
平成16年11月 1日人間ドック(全日本病院協会認定)
平成16年12月 コンピューターシステム更新
平成17年3月 久井町、大和町が三原市と合併し構成市町は世羅町・三原市
平成17年4月 皮膚科・矯正歯科新設
平成17年4月 コンピューターシステム更新
平成18年4月 基本診療科の施設基準等・特掲診療科の施設基準等の変更
平成18年10月 全身用X線CT診断装置更新
平成19年4月 地方公営企業法の全部適用
平成19年4月 オーダリングシステム第1次更新
平成19年4月 眼底カメラ・歯科用パノラマX線装置
平成19年8月 公立世羅中央病院・三原市立くい市民病院再編調査研究会の設置
平成20年4月 泌尿器科新設
平成20年4月 世羅中央病院企業団 企業長就任
平成20年4月 オーダリングシステム第2次更新
平成20年4月 外科用X線TV装置
平成20年7月 公立世羅中央病院・三原市立くい市民病院改革プラン策定委員会設置
平成20年9月 無作為抽出による住民アンケート調査実施
平成20年10月 放射線画像情報システム
平成20年10月 血管造影X線診断装置・臨床用ポリグラフシステム
平成20年10月 全自動グリコヘモグロビン分析計・全自動グルコース分析計
平成20年10月 デジタルマンモグラフィー
平成21年4月 病院改革プランの公表
平成21年4月 婦人科開設
平成21年6月 病院再編実務者協議開始
平成21年7月 医療再生計画採択申請
平成21年12月 病院再編仮協定書締結
平成22年1月 広島県地域医療再生計画採択
平成22年2月 病院増改築事業基本設計委託
平成22年3月 病院再編協定書の調印
平成22年4月 世羅中央病院企業団に公立くい病院を経営統合
平成22年4月 広島大学分子内科学教室・世羅町・世羅中央病院企業団で
「高齢者疾病予防等研究事業に関する協定」の締結
平成22年4月 耳鼻咽喉科開設
平成22年4月 公立世羅中央病院増改築事業基本設計委託
平成22年4月 三原市立くい市民病院を企業団に編入し、病院名を「公立くい病院」に改めた。
平成23年10月 「公立くい病院」の病床を公立世羅中央病院へ移動した。
平成24年6月 「世羅あったかサロン」開設
平成25年3月 MRI診断装置更新