このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

看護部門

看護部長から一言
 地域に愛され、安心と信頼をえられるような看護を提供するためには、看護職員の定着・育成が必要不可欠です。看護職員のモチベーションを上げて離職を防止し、健康で安心して働ける環境の整備が大切と考えています。新人看護職員が臨床現場でしか培えない知識・技術・態度など基本的看護実践能力を獲得できるよう、職場内教育にも力を入れてきています。
 看護職員が健康で生きがいをもって能力を発揮し続けられると感じられるよう、これからも勤務環境の改善や充実に取り組んでいきたいと思います。当病院の看護職員としていっしょに働いてみたいと思われるあなたを心からお待ちしています。
看護部理念

わたしたちは地域のみなさまに愛され、安心と信頼をえられるような看護を提供します。

看護部基本方針
  1. 豊かな感性をもち、教養を深める努力を続けられる人材を育成し、質の高い看護を提供します。
  2. チーム医療を推進し、地域と連携した支援体制を構築します。
  3. 組織の一員として積極的に病院経営に参画します。
看護部長 藤谷 愛子
看護部目標
  1. やさしさ、おもいやりをもって安心を得られるような看護を提供します。
  2. ワークライフバランスの実現に向けて職場環境を整えチーム医療を推進します。
  3. 質の高い看護を提供し、病院経営に積極的に参画します。
看護職員として必要な基本姿勢と態度
H28年3月改正
領域 到達目標 到達の目安 ステップⅠ
A/B
ステップⅡ ステップⅢ ステップⅣ ステップⅤ
看護職員として
の自覚と責任
ある行動
①医療倫理・看護倫理に基づき、人間の生命・尊厳を尊重し患者の人権を擁護する
②看護行為によって患者の生命を脅かす危険性もあることを認識し行動する
③職業人としての自覚を持ち、倫理に基づいて行動する
患者の理解と
患者・家族との
良好な人間関係
の確立
①患者のニーズを身体・心理・社会的側面から把握する    
②患者を一個人として尊重し、受容的・共感的態度で接する  
③患者・家族にわかりやすい説明を行い、同意を得る  
④家族の意向を把握し、家族にしか担えない役割を判断し支援する  
⑤守秘義務を厳守し、プライバシーに配慮する    
⑥看護は患者中心のサービスであることを認識し、患者・家族に接する    
組織における
役割・心構えの
理解と適切な
行動
①病院及び看護部の理念を理解し行動する
②病院及び看護部の組織と機能について理解する
③チーム医療の構成員としての役割を理解し協働する  
④同僚や他の医療従事者と適切なコミュニケーションをとる    
生涯にわたる
主体的な
自己学習の継続
①自己評価および他者評価を踏まえた自己の学習課題をみつける      
②課題の解決に向けて必要な情報を収集し解決に向けて行動する
③学習の成果を自らの看護実践に活用する  

★:1年以内に到達を目指す項目/☆知識として分かる/△指導の下できる/〇できる/◎指導できる

ラダー全体構造   ラダー達成目標

新人育成年間計画

●新人育成年間計画表

  新人育成年間計画表を詳しくご覧になりたい方は、下のボタンをクリックして頂くとPDFデータでご覧いただけますので、プリントする等してじっくりお読みください。

新人育成年間計画表